2007年07月15日

法定金利

金銭消費貸借契約における上限金利は、基本的には利息制限法で定めている金利(元本10万円未満は20%、元本10万円以上100万円未満は18%、元本100万円以上は15%)が適用されることになっています。しかし、一定の条件が満たされている場合、出資法が適用されて、上限金利は29.2%が適用されます。この「一定の条件」は「みなし弁済」と呼ばれています。しかし、利息制限法には罰則規定がないために、消費者金融や商工ローン業者の多くは、一定の条件を満たさないままに、利息制限法を越えた金利を取っている場合もあります。例えば金利29.2%となっている場合は、出資法に基づいた金利を適用しているとわかります。更に、利息制限法に基づく上限の金利を超えているどころか、出資法が定める金利の上限をも超えた高い金利を適用している業者も中にはみられます。しかし年利29.2%を超える金利は明らかに法律違反です。まずは、借り入れる前に、金利が出資法で定められている年利29.2%の上限を超えていないか確認しましょう(年利29.2%は、1日あたり0.08%の利息)。これを超える金利は、出資法違反で罰則が科せられることになります。また、年利が29.2%以内でも、利息と手数料などの合計が年利29.2%を超える場合は、出資法違反だといえます。
posted by fudousantanpoloan at 22:44| Comment(0) | TrackBack(2) | 法定金利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/47938527

この記事へのトラックバック

消費者 金融 不動産 担保 ローン その1
Excerpt: アイフルホームページインターネットキャッシング、不動産担保ローン、事業者ローンの...
Weblog: 消費者 金融 不動産 担保 ローン
Tracked: 2007-07-16 18:11

消費者金融の法定金利とは?
Excerpt: 最近良く聞く「消費者金融の法定金利」。 この法定金利とはいったいどのようなもの...
Weblog: 消費者金融の金利 完全ナビゲーション!
Tracked: 2007-08-01 14:10

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。